• 京都で少人数結婚式を行う際のコツ

    近年、京都市内にある有名な神社・寺院、町屋風の建物で挙げる少人数結婚式が人気を集めています。京都市では行政が中心となり、府外在住者や外国人観光客が市内の神社やお寺などで結婚式を挙げられるように積極的に誘致活動を行っています。

    このため、他の地方に住んでいる人でも有名な神社仏閣で気兼ねなく結婚式を執り行い、式の後に老舗料亭で披露宴(食事会)を行うことができます。

    府外在住者が京都市内で少人数結婚式を挙げる場合には、地元のブライダル業者を利用することができます。

    他の地方に住んでいる人向けのプランもちゃんと用意されています。



    有名な神社やお寺で式を執り行う場合でも、ブライダル業者を通して予約状況の紹介・予約を行うことができます。
    首都圏の一部の業者でも京都で少人数結婚式を挙げるプランが販売されていますが、地元の業者を利用した方が安いプランを選択することができます。

    京都の少人数結婚式についての情報です。

    観光スポットとして知名度が高い神社やお寺で式を挙げる場合には半年~1年前に予約が埋まってしまうケースがあるので、できる限り早く予約を行うことがポイントです。
    式の会場や日程が決まれば、すぐに宿泊施設を確保する必要があります。
    京都市内では慢性的に宿泊施設が不足しているので、観光シーズンになると少人数結婚式であっても部屋を確保することが難しくなります。



    単に観光だけが目的であれば滋賀県や奈良県などの周辺地域のホテルに宿泊することもできますが、結婚式を挙げる場合は式場の近くの宿泊施設を確保しておく必要があります。

    式を終えてから何日間か滞在して観光を楽しむのであれば、伝統的な京町屋をリフォームした町屋旅館を利用することができます。
    有名な神社やお寺の近くで家1軒を丸ごと貸し切ることができる宿泊施設があります。このような宿泊施設を利用すれば控室を備えていない神社やお寺で結婚式を挙げる際に、荷物の保管や着替え場所として利用することができます。